ポスティング・チラシの集客力が注目されている3つの理由

ポスティングといえばチラシを主媒体とした代表的な宣伝方法の一つとして、個人から企業まで誰でも手軽に利用できる集客方法として親しまれてきました。最近では需要は増加傾向にあり、個人や中小企業はもちろん、大手企業までもが大規模な宣伝に利用しているほどで、集客力の高さが注目されています。

昔から存在する集客法でありながらデジタルが普及した現代になぜアナログのポスティングが注目されているのでしょうか。

そこで今回は現在ポスティングの集客力が注目されている理由について紹介します。

大規模な宣伝にも利用できる集客力

ポスティングの集客力が注目されている理由がよくわかるもので、全国規模の宣伝に利用されるほどの需要があることではないでしょうか。ポスティングといえば、ポストにチラシを届けるシンプルな方法で誰でも手軽に行える宣伝手法のため、これだけの大掛かりな宣伝にも利用されていることに驚く方も多いかと思いかもしれません。

しかし、現在のポスティングはそれだけの規模の宣伝を可能にする体制と集客力があります。その理由に、ポスティング業界での協会や組合の設立による、業界全体での品質向上があったからではないでしょうか。

近年、新聞購読者数の低下が進んだことで、今まで新聞折込を利用していたユーザーがポスティングを利用するようになり、ポスティングの需要は増加傾向にあります。その時代の流れと並行して、ポスティングではエリアマーケティングを駆使した戦略的な配布や、GPSを利用した管理によるポスティング作業の見える化が実現されたことで、従来よりもさらに高精度で信頼性のあるサービスを提供できるようになりました。

ポスティングが大きく進化したことで、全国規模の宣伝で高い精度と集客成果を出しているため、チラシを使った宣伝手法として本格的な集客ができることを証明できたと言えるでしょう。また、政治活動や公共機関でも積極的に利用されていることからも、現在のポスティングの需要の高さがわかるのではないでしょうか。

ポスティングとチラシによる訴求力の高さ

ポスティングとチラシの訴求力の高さの一つに挙げられるのが、ポストに届けられたチラシを確認する習慣から一度は手にとって確認してもらえることです。どのような情報なのか必ず広告の内容を一部でも確認されるというのは、宣伝方法としては非常に高い訴求力を持ち合わせ、ネット広告などにはない魅力があります。

それも訴求力をさらに活かすことがポスティングでは可能です。ポスティングでは一般的なチラシと言われる形状のものだけではなく、パンフレットやカタログ、試供品などを付属したのもなどもポスティングが可能です。そのため、紙質や形状を変えて工夫することで、視覚と触覚に訴えかけることができるため、さらに受け取り側に対して訴求力を高めることができます。

また、チラシのデザイン次第でも興味をもたせるチラシを作成することが可能です。手に取って確認された時に、どのようなチラシか判断されやすいように、キャッチコピーなどの場所を目立たせたり、クーポンなどがあることがわかるようにして少しでも気づいてもらう工夫をすることができます。

それもチラシやカタログなどの紙媒体であれば、手軽に保管していつでも注文やクーポンを利用することが誰でもできるため、ネットが苦手な人でもしっかり情報を確実に保管することができます。

あらゆるターゲットをカバー

ポスティングなら他の広告がリーチできない層もカバーすることができます。あらゆるターゲットへ届けることも、絞り込むことも容易に可能です。そのリーチ力は、現在主流のインターネット広告と比べても高いと言えるのではないでしょうか。

最近のインターネット広告は、技術の進化により閲覧者のネット上での行動履歴を元にどのようなことに興味を持っているのか判断して最適な広告を表示することまでも可能になりました。ポータルサイトやSNSも情報を得る場所として頻繁に利用さるようになり、より手軽にインターネット上の広告を利用できる環境にあります。

しかし、これだけ普及しているネット広告でも、すべての人に対して有効的な宣伝広告なのかというとそうではありません。手軽に情報を得ることが可能にはなりましたが、誰もがネット検索を使いこなして広告から収益につながる行動をしているとは言えないからです。

そのため、シニアやインターネットを苦手とする層にはリーチできないということになります。その他にも、チラシを使用した宣伝方法として代表的な新聞折込がありますが、これも新聞の中に折り込まれるチラシのため、新聞を未購読の人には届けることができませんね。

では、ポスティングはどうかというと、インターネットや新聞折込でリーチでいない潜在している層にリーチが可能になります。なぜなら、住宅や事業所などのあらゆるポストを対象として届けるため、年齢や性別関係なく幅広い層へのリーチが可能になるからです。だからといって、どこでも関係なく届ける訳ではありません。チラシを届けても効果がない場所に無理に配布はしませんし、効果が期待できる場所を絞り込むことができる精度の高さが現在のポスティングの魅力でもあります。

さいごに

ここまでポスティングとチラシによる集客力が注目されている理由についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

ポスティングが進化したことでチラシ効果を最大限に引き出せて、あらゆる人たちに情報を到達させることができる数少ない宣伝広告ではないでしょうか。

需要が高まるにつれポスティング会社も増加しています。今後さらに宣伝広告として大きくなることが予想されるポスティングチラシからは目が離せないですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ポスティングと新聞折込チラシを比較!6つの特徴の違いをわかりやすくまとめました

  2. ポスティング料金と効果を下げずに費用を安く抑える方法

    ポスティング料金と効果を下げずに費用を安く抑える方法

  3. ポスティングの基本配布方法「軒並み配布」効果や料金は?

  4. 信頼できるポスティング業者の選び方!失敗しないための7つポイント

    信頼できるポスティング業者の選び方!失敗しないための7つポイント

  5. GPS管理でポスティングが見える化!GPSデータ活用で配布品質が向上

  6. ポスティング業者の比較ポイントと優良業者の探し方

    ポスティング業者の比較ポイントと優良会社の探し方