ポスティング料金と効果を下げずに費用を安く抑える方法

ポスティング料金と効果を下げずに費用を安く抑える方法

ポスティングの集客にはチラシなどの公告は欠かせないですよね。そのためデザインから印刷にも費用がかかるので予算のことで悩んでる方も多いのではないでしょうか。

しかしコストを削減するためにポスティングだけの料金単価を安く抑えることを優先すると、配布品質を下げてしまい業者選びに失敗する原因となる恐れがあります。

そのためにはポスティングの料金の仕組みを知って、ポスティングに関わるチラシや印刷もひとまとめにしてコストを削減することを考えましょう。そうすることで効果を下げずに費用を安く抑えることが可能になります。

そこでここではポスティングの料金についての知識と効果を下げずに費用を安く抑える方法をご紹介します。

ポスティング料金と費用を安く抑える方法

ポスティングの料金には、以下の4つが大きく関わってきます。

  • 配布エリア
  • 配布方法
  • チラシサイズ
  • 配布期間

この各項目ごとに料金単価は様々で、選択次第でコストを削減できます。また単価を低くするだけでは総合的な費用を安く抑えられるとは限りません。そのため無駄なチラシを無くして最低限の部数にすることでコストパフォーマンスに優れたポスティングが可能になります。

配布エリア

配布エリアの料金単価は、業者の対応エリアと世帯の密集率によって異なります。

ポスティング業者がメインで対応しているエリアを基準に、それ以外の対応できないエリアなどは協力会社への外注となるため高くなる傾向があります。

また地域的な料金の違いについては、世帯が密集している地域ほど効率的に配布できるため料金が安くなる傾向があります。

POINT!
ポスティングしたいエリアをメインで対応してる業者に依頼しましょう。得意とするメインエリアであれば料金が高くなることもなく、地域に詳しい自社スタッフによる質の高い配布も期待できます。また、エリアの選び方によってもコストを削減できます。GISポスティングでターゲットが多く住むエリアに絞って配布することで、無駄なチラシを無くして最低限の部数で効果の高いポスティングが可能になるため、依頼するときに相談してみましょう。

配布方法

ポスティングには様々な配布方法があります。基本の軒並み配布を基準に高度な選別になるほど手間がかかるため料金単価が上がります。

また業者が対応できる枚数より少ない場合、または1種類だけでポスティングする単配の場合は業者によっては料金が上がるケースがあります。

POINT!
配布方法の特徴を把握して業種やサービに最適な配布方法を選択しましょう。情報を届けたい対象がどのような住居形態に住んでいるか考えて配布方法を選ぶことでターゲットに最適なポスティングが可能です。「一戸建てのみ」や「マンション指定」などの選別配布は基本の配布に比べたら料金単価は上がりますが、ターゲットを絞った配布ができるため結果的にコスト削減に繋がります。配布方法を間違えるとターゲット以外にチラシを届けることになってチラシを無駄にしてしまう恐れがあるので注意しましょう。

サイズと加工費

ポスティング料金はチラシのサイズにごとに料金が決まっていて、サイズが大きくなるほど料金単価が高くなります。また大判サイズや3つ折りパンフレットなどの広告によっては、折りや封入などの加工が必要になるため別途料金がかかる場合があります。

POINT!
チラシが小さいと目立たない、サイズが大きければ目立つというわけでもありませんん。サイズが大きければ折る回数も増え料金単価が上がります。
安易にA4がよく使われているからといった理由などでサイズを決めないで、チラシの目的を考慮した上で、サイズと単価を考えて決めましょう。

配布期間

ポスティングでは配布する期間を選ぶことができます。ポスティング業者の標準の配布期間を基準に、業者に配布期間をおまかせしたり、一ヶ月などの配布期間では安くなる傾向がります。それとは逆に当日や期日の指定では料金単価が高くなります。

POINT!
期間に余裕があるならば配布期間で料金が安くなるようなプランを利用してみましょう。詳細の内容は業者ごとに様々ですが、例えば1ヶ月の間に50000万枚のチラシを指定エリアで配りきってほしいなどがあります。
1ヶ月の余裕のある期間や業者に配布日をおまかせするなどのプランでは、配布方法やGISポスティングも利用しながら品質を下げずにコスト削減できます。

チラシからポスティングまでひとまとめに考える

ポスティングにはチラシなどの公告は欠かせないため、デザイン作成と印刷も含めて料金について考えることで、コスト削減の選択肢を増やすことができます。

またチラシの作成段階からポスティングを利用することを前提に計画したほうが集客効果の高いチラシを作ることもできて、どこに費用を割り当てるべきか全体を通して考えられるメリットがあります。

ここからポスティングに関わるチラシで安くするための方法をご紹介します。

チラシを自作

ポスティングで使用するチラシは必ずしもハイクオリティで費用をかけたからといって効果的なチラシになるとは言えないため、自作することでデザイン作成にかける料金を大幅に減らす方法もひとつです。

ポスティングの特徴としてポストに届けたチラシを手にとって確認します。この時必要な情報か判断するのはほんの数秒です。そのためデザインのクオリティだけでなくターゲットに一瞬で必要な情報なのか判断してもらえるレイアウトやインパクトがポイントになります。

下記に無料でチラシを作成する方法を2つご紹介します。

手書きチラシ

自作する方法のひとつに手書きでチラシを作る方法があります。手書きはイラストが得意な人でないと難しいかもしれませんが、無料で作成できてポップで親しみやすさも出せるのが魅力です。実際自作した手書きチラシで高い反響率を出した事例もあるくらいです。

無料チラシ作成サービス

最近はネットで手軽にチラシを作ることもできます。基本利用は無料で専用ソフトも必要ありません。イラストやデザインが苦手な人でもプロがデザインしたチラシのテンプレートを使用して簡単に作成できるサービスがあります。

印刷期間を長くする

チラシやパンフレットの印刷料金は、印刷会社の印刷期間が長くなるほど料金が安くなる傾向があります。長いもので7営業日から10営業日くらいで、営業日での計算となるのでできるだけ余裕のある予定にしておけば、できるだけ印刷費用を抑えることが可能です。

印刷は期間を長くしたから印刷の品質や紙質が悪くなることはないためできるだけ料金を安くしたいなら最長の印刷期間を選択できるように。

ポスティングを含めて考えることで、配布に必用なチラシの量も明確にできるだけでなく、ポスティングを想定した見てもらえるチラシを作成することが可能です。

ポスティングの料金単価だけに集中して費用を抑えようとすると、完璧なチラシを作ったとしてもポスティング費用を安くするために料金単価で業者を選んで宣伝で失敗してはチラシにかけた費用までまでも無駄にしてしまします。

できるだけチラシとポスティングはセットで考えて進めていくことで集客効果を上げられ、コスト削減もできると考えて良いでしょう。

さいごに

ここまでポスティングとチラシに関する料金と安く抑える方法をご紹介しました。ポスティング業者を見積価格が安い業者で選ぶのは、失敗の恐れがあるためリスク高いものになります。しかし、チラシの無駄のない効果的なポスティングでチラシも含めて計画することで、効果を下げずにコストを削減することが実現できます。今回の記事を参考に予算内で成果を出せるポスティングを目指してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ポスティングと新聞折込チラシを比較!6つの特徴の違いをわかりやすくまとめました

  2. ポスティングの基本配布方法「軒並み配布」効果や料金は?

  3. ポスティングの悩みを解決!よくある質問をまとめました

    ポスティングの悩みを解決!よくある質問をまとめました

  4. 雨の日はポスティングするの?雨天時の配布と対策

    雨の日はポスティングするの?雨天時の配布と対策

  5. 信頼できるポスティング業者の選び方!失敗しないための7つポイント

    信頼できるポスティング業者の選び方!失敗しないための7つポイント

  6. GPS管理でポスティングが見える化!GPSデータ活用で配布品質が向上